腐食測定機器・腐食対策機器

腐食測定機器・腐食対策機器

硫化水素、二酸化硫黄や塩素等の腐食性ガスによる
さびトラブルの対策に!
腐食ガスによるトラブルの環境調査、除去を行い、
最終的な確認まで全てをサポート致します。

腐食ガスの影響により破損した古文書や、腐食が進行し接触不良が発生した基板

詳細はこちらから

最後まで責任を持ってサポートすることでトータルでお客様の満足度100%を目指します。

腐食性ガスを空気中から除去するプロセスは4段階

環境の調査
環境中に潜在的に存在する腐食を「腐食ガス試験片」により測定し、評価します。測定方法及び評価方法は国際自動制御学会(ISA:The Instrumentation, Systems, and Automations Society)のS71.04-2013の規格に則った方法です。
使用製品
腐食性ガス試験片
腐食性ガス試験片

コントロール
第一段階のプレフィルタセクションでは空気中の塵、ごみを除去します。その後第二段階の吸着剤セクションで化学吸着剤によりガス汚染物質を除去します。三段階目のファイナルフィルタセクションで微小の粉塵を除去し、きれいな空気を提供します。
使用製品
化学吸着剤
Purafil

化学吸着剤
ハニカム状
ケミカルフィルタ

腐食性ガス臭気除去装置
腐食性ガス
臭気除去装置

腐食性ガス・臭気除去装置

モニタリング
腐食性ガス除去装置を導入し、その効果を「腐食性ガス試験片」を用いて確認します。導入前に本試験片で事前評価を行っている場合は導入効果を簡単に比較可能です。
使用製品
腐食性ガス
モニターロガー

腐食性ガスモニターロガー
吸着剤残量分析
(MLA)

吸着剤残量分析

対策
最適なパフォーマンスを維持するために3〜6ヶ月毎に吸着成分の残量分析を行います。適切な交換時期をご提案致します。
又、腐食を防止するためのコーティング塗料により腐食対策も行っています。
使用製品
制御盤内
清浄化ユニット
Corro-Shooter

制御盤内清浄化ユニット
制御盤内
清浄化ユニット
Corro-Shooter Mini

制御盤内清浄化ユニット
腐食防止
コーティング塗料

腐食防止コーティング塗料
技術サポート 実施時期 レポート 分析期間
吸着剤残量分析 導入後
3~6ヶ月毎
2~3週間
基板腐食解析 故障時 約1ヶ月
環境評価 随時 レポート提出まで
1.5~2ヶ月

腐蝕性ガス対策のトータルソリューションサービスはこちら

お問い合わせはこちら