腐食性ガス試験片

※弊社は米国Purafil社の工業用日本総合代理店です。
環境中に潜在的に存在する腐食を【腐食性ガス試験片】により測定し、環境を評価します。測定方法及び評価方法は国際自動制御学会 (ISA:The Instrumentation, Systems, and Automations Society)の S71.04- 2013の規格に則った方法です。 腐食は腐食性ガス、温度、湿度、粉塵が全て干渉することで起こるため、ガス濃度を測定するだけでは腐食量、腐食速度を予測することはできません。 腐食性ガス試験片は実際の設備環境下に設置し曝露するため、設備機器が受けている影響を実際に測定することになります。ISA S71.04-2013による環境評価はJEITA IT-1004の腐食サンプル法として紹介されている試験法です。

腐食性ガス試験片概要図

カタログダウンロードPDF 1.8Mb

特徴

  • 精密機器の内部基盤や貴重な美術品に多く使われている、銅・銀(または金)などと同じ材質のクーポンを使用します。
  • ISA:S71.04- 2013の定義に準じての測定、及び評価方法です。
  • 30日間暴露するだけの環境評価です。タイムリーに測定結果をお届け出来ます。
  • 腐食膜の厚さ、腐食膜の科学的性質または、重量増加の測定・分析を行ないます。
  • 高額な機械を購入する必要が無く、クーポンを測定する部屋に置くだけなので、簡単・低コストです。

測定方法

対象空間に腐食性ガス試験片を設置
矢印
30日間暴露
矢印
試験片の回収
矢印
試験片の分析(カソード還元法)
矢印
レポートの提出(設置から約6週間)

腐食性ガス試験片写真

お問い合わせはこちら

AdobeReaderのダウンロード

PDF形式ファイルはアドビシステムズ社のAcrobat(R) Reader(無償配布版)で読み取りができます。Acrobat(R) Readerはアドビシステムズ社のサイトからご入手願います。


  1. 電子部品や基板腐食対策のトータルサービス
  2. 水処理、下水の混合攪拌にスタティックミキサー
  3. 整流器一体型ピトー管のダイナフロー
  4. 持ち運びに便利なポータブルガスモニター
  5. 二酸化塩素関連機器
  6. 瞬停防止に電源監視のパワーウォッチ
  7. クリーンルーム清掃用クリーンローラーと粘着マット
  8. 品質への取り組み
  9. この製品のお問合せはこちら