硫化水素ガス無線モニタリングシステム Odalog オダログ

硫化水素(H2S)のガス濃度をモニタリングします。測定結果は、携帯電話の3G回線を介してスマホやパソコンでリアルタイムで確認できます。無線に接続するので、ケーブルが不要で、簡単・手軽に設置ができ、ケーブルの劣化の心配も無く、設置工事も不要で、ランニングコストを抑えられます。
箱根山(神奈川県箱根町)の火山活動の分析を行っている東海大学理学部:大場武教授と連携させて頂き、箱根大涌谷のガス調査にも活用頂いております。

硫化水素ガス無線モニタリングシステムオダログ

カタログダウンロードPDF 557Kb

硫化水素ガスモニタリングシステムの概要

携帯電話の3G電波を使用してデータの通信を行います。データはインターネット回線を使い、データセンターのデータが蓄積されます。濃度の上昇により、危険状態になった場合、インターネット回線を使用して、御客様のスマホやパソコンへ情報が発信されます。又、データロガーが内蔵されているので、データを装置に保存する可能です。さらに、データ内容を3G回線を使ってリアルタイムに閲覧する事も可能です。

硫化水素ガス無線モニタリングシステムの概要

実例

現在JMSでは群馬県草津町白根山にオダログを設置させて頂いております。オダログは常時山頂付近で噴出する硫化水素濃度を測定しており、濃度が上昇するとSMSで信号を発信し、自動でスピーカーから避難警告を発信します。危険濃度を無人で感知し、付近の住民、登山客への安全対策を行なえます。

草津白根山のオダログの安全対策

仕様

測定ガス濃度 硫化水素(H2S)レンジ 0〜50 ppm、0〜200 ppm
使用温度 -10 〜 40℃
使用湿度 15 〜 90 %
IPコード IP 66 / 68
センサーサイズ 76mm × 260mm
センサー重量 980 g
センサー電源 Dサイズ 3.6 V リチウムバッテリー× 2個
電池寿命 最長12ヶ月(モニタリング間隔で変わります)
最大ログ数 42,000データ
ログ間隔 1秒〜1時間
データ転送間隔 30分〜24時間
データ保存容量 1分間隔29日、5分間隔6ヶ月

お問い合わせはこちら

AdobeReaderのダウンロード

PDF形式ファイルはアドビシステムズ社のAcrobat(R) Reader(無償配布版)で読み取りができます。Acrobat(R) Readerはアドビシステムズ社のサイトからご入手願います。


  1. 電子部品や基板腐食対策のトータルサービス
  2. 水処理、下水の混合攪拌にスタティックミキサー
  3. 整流器一体型ピトー管のダイナフロー
  4. 持ち運びに便利なポータブルガスモニター
  5. 二酸化塩素関連機器
  6. 瞬停防止に電源監視のパワーウォッチ
  7. クリーンルーム清掃用クリーンローラーと粘着マット
  8. 品質への取り組み
  9. この製品のお問合せはこちら